夢のマイホームを買ったら考えよう!火災保険について

家と家族を守る火災保険

もし、みなさんは自分の家が火事になってしまったら、というのを考えたことはありますか?火事になってしまうと家だけでなく家財道具もすべて失ってしまいます。そんな時に億万長者なら苦労しなくても次の家を建てることが出来るはずですが、実際はそうもいきません。そんな時に助けてくれるのが火災保険です。火災保険は保険会社や種類によってもさまざまですが、主に建物や家財道具を保証してくれる保険で万が一のときをサポートしてくれるのです。

火災は不慮の事故である場合もあります

火災の原因の多くは、タバコの火の不始末あるいは料理中に目を離した隙、ストーブのつけっぱなしなど、自分の生活の中で発生するものですが、火事は故意の放火であったり近隣からの延焼など原因はさまざまで予測事態がしづらいのが事実です。そんな時の備えとして加入しておくと安心できます。保険対象も「建物のみ」「家財のみ」「建物と家財」の3つから選べる他、期間も最短1年から最長36年と設定することが出来るのです。新築の場合、ローンの支払い期間に合わせて保険に加入している人も多いようです。

火災保険で迷ったら保険相談を!

火災保険への加入は考えているけど、実際どんな保険に加入すればよいのかわからない人はいませんか?そんな人はぜひ保険相談で自分の家に合った保険をプロに選んでもらいましょう!特定の保険会社に行くのではなく、複数の保険会社を扱っている保険相談所であれば、プランをいくつか紹介してくれます。また、家の構造によっては不要な保証もあるのでその点についても相談して保険料を賢く安くすることも出来るのです。「保険は高いものだと思っていたけど、こんなに安い!」とびっくりするかもしれませんよ。

火災保険は保険の中でもあまり多くの人が入っていないものなので知識があやふやになっている人もいます。火災となっている為、火事で住宅が燃えてしまった時の保険というイメージがありますが半分正解です。厳密には火災を含め、水害・風災や盗難といったものも含まれているのです。保険に入る時にどこまで補償するか決める事が出来るので川の近くなら水害、治安が良くない地域ならば盗難などを決めて保険に入るのが良いです。

Category: 未分類

- 2015年4月24日