仕事をしながらでも取得できる!?英語資格の勉強方法

社会人は時間が足りない

学生とは違って、一日のほとんどを仕事のために使っている社会人は、自分のために使える時間が殆ど無いというケースは少なくありませんよね。そういった中でも、英語の資格試験を取得し、力を伸ばしている人たちがいます。同じように朝は仕事に行き、夜に家に帰る生活をしているのに、勉強する時間はいつ取れるのでしょうか。仕事をしながらでも、空いた時間を使って工夫をすることで、資格取得のための勉強時間の確保が可能になります。

通勤時間を有効活用しよう

通勤電車の中、スマートフォンでゲームをしたりニュースサイトを見て時間をつぶしている人は多いですよね。仕事をしながら英語資格の勉強をするなら通勤時間を有効に使うことができますよ。電車の中でリスニング教材を聞くのが良いです。電車の中では集中力を削ぐものが視界にはほとんど入ってこないので、リスニングに集中することが可能ですよ。あまりに疲れて何もできない、というときも教材を流しておくだけでも違いますし、継続することが大切なので、できるだけ毎回流すようにしましょう。

朝や夜にも英会話ができる

スピーキング試験がある資格で対策を練りたいものの、平日仕事をしていると、英会話のレッスンが受けたくても時間が流動的でいつも同じ曜日の同じ時間にスクールに行けるか分からなくてレッスンに通えない、と思って敬遠してしまうことがありますよね。近年では、そういうビジネスマン向けに早朝レッスンや22時や23時くらいまでレッスンを行っている英会話スクールがあります。会社に行く前にレッスンを受けたり、残業終わりにレッスンを受けることが可能です。

国家試験である基本情報技術者の試験は、午前と午後に分かれていて、午前はマークシート、午後は筆記試験です。

Category: 未分類

- 2015年6月19日