ファイナンシャルプランナーを目指す方へのアドバイス

ファイナンシャルプランナーとして働く事

ファイナンシャルプランナーとして働く事は自分の人生にとってもとても有意義な事です。各金融機関では自社の営業マンにファイナンシャルプランナーとしての資格取得を奨励しています。この資格を取得する事で様々な顧客開拓の助けとなります。最近は金融機関といっても銀行・証券・保険会社等でその垣根は年々なくなってきています。取り扱う商品が増えるという事はそれだけ要求される知識が増えるという事で自身のスキルアップに繋がります。

ファイナンシャルプランナーに求められる資質

ファイナンシャルプランナーは人生の多くの場面で必要となるお金に関する様々な知識が要求されます。金融商品と一口にいってもそこには各種預金、株式・国内外の債券。投資信託・その他の投資商品等非常に多くの分野を網羅しなければなりません。また生命保険等、人生の様々な場面で必要とされる商品の知識も必要です。その為、ファイナンシャルプランナーを目指す方は、金銭に関する高い倫理観と顧客のニーズを満たす高い知識レベルを維持できる人物でなければなりません。

自分のファイナンシャルプランから始めよう

ファイナンシャルプランナーになる方へのアドバイスとしては、まずは自分自身のファイナンシャルプランナーとなる事から始めましょう。取り扱う商品や問題は、顧客だけの問題ではなく、多くの人、そして自分自身の問題にも繋がっています。自分自身だったらどのようなポートフォリヲを組んで提案するのかもイメージしながら学習すると難しい専門用語や難解な理屈も頭に入ってきます。多くの人が悩む資産運用や最適な金融商品を知り、提案できるのは自身の長い人生にも役立ちます。

cfpは日本FP協会の資格の一つで、二つある資格の内の上級資格です。FPは、客からの収支、家族構成、資産を貰い、それを見て住居や老後についてなどのアドバイスをしてくれる職業の事で、ファイナンシャル・プランナーの略です。

Category: 未分類

- 2015年5月30日