すぐ理解出来る!クレジットカードの審査基準

カード会社に違う審査基準

クレジットカードの審査は、カードを発行している会社によって細かく審査基準が違います。しかし、各会社に共通している点も多くあるんですよ。主に共通している点として挙げられるのは、「安定した収入を得ている」「同じ会社である程度の勤続年数がある」「過去にローンやクレジットカードを支払いで延滞や遅延をしていない」といった点となっています。審査の申し込みをする前に自分自身の現在の状況を確認しておくと良いでしょう。

正社員じゃなくてもカードを発行できる?

クレジットカードというと社会人や正社員として働いている人が持っているイメージを持っている方が多いですよね。近年の雇用形態の複雑化や女性の社会進出といった様々な理由からアルバイトやパートで収入を得ている方でも審査を受けて基準を満たしていればクレジットカードを持つ事が出来ます。審査基準は、やはり収入や社会的信用が必要になるので、専業主婦の方等の働いていない方の場合は持つ事が難しくなっている事には気を付けなければいけません。

過去に返済トラブルを起こした場合はどうなる?

新しくクレジットカードを発行しようと思っていても過去の利用で返済期限が過ぎてしまった等の返済トラブルを起こしている場合に、審査を通過出来るか不安を感じる方も多いと思います。返済トラブルの情報は、しばらくの間は、信用情報機関に登録されてしまいブラックリストになってしまいます。しかし、登録されてから返済期日を守って正しい使用方法をする事で一定期間経つと情報を消してもらう事が出来ます。ブラックリスト入りしないように普段から無理のない使用方法を心掛ける事が大切となっています。

クレジットカードは、キャッシュレスで買い物ができるカードです。このカードを利用すると、決まった日に自分の銀行口座から商品代金が引き落とされるようになっています。

Category: 未分類

- 2015年5月26日