自己破産をする前に知っておくべきこと3選

自己破産しただけでは債務ゼロにはならない

借金を払えなくなって生活できなくなった際、最終手段として上がるのが自己破産です。これをすれば借金帳消しになると思われていますが。実は自己破産、つまり破産宣言しただけでは債務がゼロになるわけではなく、引き続いて免責を受けないといけないのです。通常であれば申し立てれば認められますが、裁判所に虚偽の報告をしたり、申し立ての10年以内に免責を受けていたりなど、免責に値しないとみなされた場合は認められません。

連帯保証人が要る場合は要注意

自己破産をする場合に注意したいのが連帯保証人です。知人の保証人になって大変な目にあったという話はよく聞きますが、これは連帯保証人が借主と同等に扱われるためです。つまり借主が1000万円の借金をするとなると、保証人も同じく1000万円の借金をしていることになるのです。借主が自己破産をするとその債務が一気にすべて連帯保証人に回ってくることがあるのです。そのため連帯保証人が要る場合、自己判断での自己破産は保証人に多大な迷惑をかけることを理解しておくことです。

自己破産以外の方法も視野に入れるべし

借金で首が回らないからと言っていきなり自己破産を選ぶのは違います。自己破産をしても仕事がなくなるわけでもなく、戸籍にのるわけでもありませんが、一定期間クレジットカードも作れませんし、官報にものってしまいます。つまりそれだけ信頼性が下がっていることなのです。借金整理には自己破産だけでなく任意整理や特定調停など他の方法もありますので、借金にお困りの方はいきなり自己破産ではなく色々調べてみてはいかでしょうか。

借金をしており返済出来る能力が無くなった場合、最後に選ばざる得ないのが破産です。自己破産することで簡単に言えば借金を返す必要は無くなりますが、それに伴うリスクも相当にあります。本当にそれで良いのかしっかりと考える必要があり、特に個人の場所には比較的借金の額も少ないですから債務整理などをして出来るだけ借金を返済していくか破産するか弁護士などと相談する事も大切です。

Category: 未分類

- 2015年4月25日